【日本進出!】横浜でFoodpandaを利用してみた感想

こんにちは。ぽんすけです。

2020年9月17日に日本でサービスを開始したフードデリバリーサービス「Foodpanda(フードパンダ)」を紹介したいと思います。

ほかのデリバリーと何が違うの!?と思いつつ利用してみましたので感想をシェアしたいと思います。

結論としては、大きな違いは感じませんでしたが、今後の展開に期待です!

Foodpandaとは

フードパンダは、2012年に東南アジアでサービスがスタート。

その後、約50か国でサービスを展開しているフードデリバリーサービスです。

日本では、9月17日から神戸・横浜・名古屋で、10月1日から札幌・福岡・広島でサービスを開始します。

Foodpandaの特徴

1度の利用では、他のサービスとの違いを感じることはできませんでしたが

CEOの言葉から、Foodpandaの特徴を紹介していきたいと思います。

①配達可能時間が幅広い

配達受付時間が他のサービスと比べて長いです。

具体的には、8:00~24:00ですが、流石に22時を過ぎると注文可能なお店も少なくなっていました。

ちなみに、シンガポールでは24時間の配達サービスを実施している模様です。

②25分未満の配達

CEOの記者会見によると、デリバリーに関して25分未満の配達、時間通りの配達率99%を掲げている様です。

今回は、初日ということもあってか10分程度遅れて届きました。

今後の成長に期待ですね!

③カスタマーサービス60秒以内の応答

こちらも、記者会見からの情報で、60秒以内にカスタマーサービスが応答することを掲げています。

60秒以内に反応があると安心感は増しますね!

配送料金

現在、送料無料キャンペーン中のため正式な配達料金はリリースされていません。

割引コードを使ってさっそく注文してみた!

ユーザー登録が完了したら、さっそく注文を開始します。

注文方法は、他のデリバリーサービスと何ら変わりはありませんでした。

①まず、メニューを選択

②メニューを選んで買い物かごに追加

③注文を確定(チェックアウトに進む)

ここで、「クーポンを適用する」をタップし「JAPANDA」を入力すると料理が半額(最大1000円補助)になります。

④支払方法を確認して、注文完了。

現金もしくはクレジットカード決済(Visa,master)の利用が可能でした。

⑤配達の見込み時間が表示されます。

「25分程度でお届け」というのがポイントでしょうか。

⑥配達員が受け取ると次の画面に写ります。

配達員の移動が、少し分かりづらいように感じました。カクカクと移動する感じ。この辺りは、ウーバーやwoltの方が分かりやすいように感じます。

⑦配達中の問い合わせ

配達中画面の右上「ヘルプ」をタップすると、次の様な画面が表示されます。

配達員とチャットで連絡も取れるみたいです。

⑧食事の受け取り

サービス開始初日ということもあってか予定より少し遅れて届きましたが。問題なく無事受け取ることができました。

もうやんカレー

配達エリア

現在の配達エリア詳細は不明です。

地図等でのインフォメーションは無い様です。

アプリを起動して、配達可能な範囲かをチェックする方法しかない様ですね。

最後に

以上、日本初上陸のフードデリバリーサービス「Foodpanda」の紹介でした。

現段階では、サービスの詳細が発表されていないため不明な点が多いですね。

今後、公式の発表を待ちながら更新していきたいと思います。

では〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA