【オススメのお菓子】ブラックサンダーカカオ72%が大人味でうまし。若干の糖質制限も。

オススメのおやつを教えて〜

今日は、最近どハマり中のお菓子をご紹介しますね。

みなさんご存知、ブラックサンダーのカカオ72%バージョンです!

程よい甘さで大人な味

パッケージには、カカオ72%と記載がありますが、実際はカカオ72%のチョコレートとミルクチョコレートがミックスされています。

結果、ブラックサンダー1本で言うとカカオ分は40%とのこと。

程よい甘さに仕上がっています。コーヒーや紅茶と一緒に食べるとちょうどいい感じ。

個人的には、苦すぎず、甘すぎずで計算され尽くした絶妙なバランスを感じました。

従来ブラックサンダーに比べて糖質約10%OFF

カカオ72%と従来のブラックサンダーを比較してみました。

糖質=炭水化物と考えて公式HPに掲載の栄養成分標示を基に比較しました。

1本あたりの表中サイズが異なるのですが、1gあたりにして比較してみると10%OFFと言った感じです。若干の糖質制限になるかもです。

ブラックサンダー カカオ72% ミニバー

1gあたりの炭水化物=6.2g÷11g=0.56g

栄養成分(1本(標準11g)当たり)
熱量 60kcal
たんぱく質 0.9g
脂質 3.5g
炭水化物 6.2g
食塩相当量 0.1g

ブラックサンダー ミニバー

1gあたりの炭水化物=8.1g÷13g=0.62g

栄養成分(1本(標準13g)当たり)
熱量 69kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 3.7g
炭水化物 8.1g
食塩相当量 0.1g

児童労働撤廃に向けた活動も

カカオ豆の生産に当たって問題視されているのが子供たちの労働問題。

働く子供たちは学校に行けず、将来の夢を諦めてしまう理由になることも・・・。

そのような問題に対して有楽製菓さんはスマイルカカオプロジェクトと言う取り組みを実行されているようです。特設wえbページも設けられていてその本気度を感じますね。

この製品にも「ココアホライズン認証のサスティナブルチョコレートを使用しています。」との記載があります。

ブラックサンダーを食べるとガーナの自然と子供たちを守る自立したコミュニティの構築を支援するプログラムに貢献できる仕組みです。

近年、叫ばれているSDGsの取り組みの一環としての動き、今後の取り組みについても注目です!


※1Cocoa Horizon(ココアホライズン)財団とはカカオ農家の繁栄に焦点を当て、自然と子どもたちを守る自立した農業コミュニティの構築を支援するプログラム。

美味いので食べてみて

色々と記載しましたが、絶妙な甘さと苦さで美味しいので食べてみてください!

もちろん、今までのザクザク感は残しつつのブラックサンダー。

ミニバータイプは14本入り。

ちょうどいいサイズで仕事中のおやつやリラックスタイムのお供としてリピート確定です。

今日はお気に入りのお菓子についてでした〜

では〜

パウチタイプは職場に持って行く用にオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA