【玉子屋のお弁当が最高な理由】1年間試してみて気づいたこと

ランチにお金をかけたくないけど、美味しいのを食べたいな〜出来たら貴重なお昼休憩の時間も節約したい。

今回はそんな、わがままに答えてくれるお弁当屋さんを紹介したいと思います。

先日、マナブログ のマナブさんがこの様なことを呟かれていました。いや、本当にこれですよね。12時になった瞬間溢れ返るランチ民。今の職場は25階程度のオフィスビルですが、職場に来た当初は本当にうんざりしていました。

いや、本当にマナブさんの思っていること僕も感じていたんですよね。コンビニなんて、本当にすごい行列ですよ。

そんなストレスをゼロにしてくれたのが「たまご屋」さんのお弁当。マナブさんのツイートを見て、都内サラリーマンのランチタイムは「たまご屋」さんだなとしみじみ感じたので、その凄さを紹介しますね。

ランチタイム時間ってこんな感じでは?

1年前、外食をしていた私のランチタイムはこんな感じ。

規模が大きめなオフィスビルで勤務されている方は、こんな感じのランチタイム過ごしている方も少なくないのではないでしょうか。

ある日のランチタイム
12:00 お昼のチャイムが鳴る
12:03 エレベーター前に移動・エレベータ待ち
12:10 地上に到着
12:15 お目当てのお店に到着
12:25 少し待って、ようやく注文
12:30 やっと昼食が目の前に
12:45 食べ終わる
12:55 事務所にもどる
—–お昼休憩終了のお知らせ—–
 

え、もうお昼休憩終わったの?って毎日思っていました。

確かに、色々なお店でランチを楽しむのも1つのリフレッシュ。1日の楽しみなんだ!とも言えますよね。私もそう思ってランチめぐりをしていました。

でも、ふと気付いたらランチタイム、無駄な時間多くないか・・・とも思ったんですね。

そんな時に私の前に現れたのが「たまご屋」のお弁当でした。

お弁当の玉子屋とは?

玉子屋さんは、東京都大田区に拠点を置き、東京都内と神奈川県の一部でお弁当の販売や食堂の受託経営等を行っている会社です。

1日平均60,000食以上のお弁当を配達しており、年商90億円のマンモス弁当屋さんです。その経営手法も注目されており、メディアに多数取り上げられ、独自の経営手法、人材マネジメントは米国スタンフォード大学の授業でも紹介されたとか。本当にマンモス級のお弁当屋さんですね。

それでは、肝心のお弁当は何が良くて、どうして都内サラリーマンに最適解なのかその理由を紹介しますね。

ムダな時間を削減

マナブさんのツイートにもあった様に、ランチタイムのランチが始まるまでの時間って本当にムダに感じる時ありますよね。玉子屋さんランチを始めてかなり時間のムダを省けた様に思います。具体的に言うと1日30分はムダな時間が削減されたと思っています。

玉子屋さんは朝の9時から10時の間に注文を受け付けているそうで、私の職場では9時45分までにチェックリストにチェックをしておくと事務員さんが一括で注文してくれます。そして12時前にはオフィスに届いている。ほんのり温かいご飯と共に・・・。

12時05分には、お弁当の一口目を口に運んでいるころ。今までの外食ランチと比べると25分も早くランチの開始です。

ゆっくりご飯を食べても、12時30分。ランチボックスは、配達された場所の箱に入れておくだけ。

あと30分は、歯磨きしたり、本を読んだり、お昼寝したり。1日30分自由な時間が増えると。一ヶ月20日勤務だとして600分・・・10時間ですよ!10時間も自由な時間が増えるなんて恐ろしいです。

美味しいメニュー

まずもって、サラリーマンのランチは美味しいことが重要ですよね。唯一のリラックスタイムなのですから。

その面では、玉子屋さんのお弁当は間違いないです。ホームページから画像をお借りしましたが、こちらの写真を見てください!毎日、多種多様なおかず。そして美味しい白米。食品の安全性にもこだわり、白米は「特A」のお米を選んで仕入れているとのこと。そりゃ美味しいわ。

個人的には、炊き込みご飯が好きなんですよね〜なんとも言えない絶妙な味付け。そして、炊き込みの日は、天ぷらが入っている確率高め(個人的統計)なのでその組み合わせが本当に最高なんですよ〜

おべんとうの玉子屋ホームページより引用(2019年11月アクセス)
http://www.tamagoya.co.jp/products/

毎朝サクッとメニュー確認ができる

玉子屋さんは公式Twitterを運営されています。

毎朝、写真付きのメニュー紹介があるのですが、ちょうど良い出勤前のタイミングで確認できるのが便利です。

写真を見て、注文するかどうかを決めてもいいですよね〜

とにかく安い

一食470円です。

このボリュームと配達の手間を考えると破格!一度食べていただくと、コスパの高さを感じられずにはいられません。公式ホームページによると原価率は50%以上、おかずの平均種類は7種目以上。凄すぎます。

ちなみに、私の場合、外食ですと最低でも800円くらいは払っていました。

1日800円と仮定すると800円−470円=330円お得。

1ヶ月を20日勤務と仮定して330円×20日=6,600円

1年で6,600×12か月=79,200円

これ、控えめにいってやばいですよね。軽く旅行に行けますよ。

注文方法

玉子屋さんは1日平均10食以上の注文で配達をしてくれるみたいです。まだ採用されていない事務所で働かれている方は、同僚の方と共に是非検討してみてはいかがでしょうか。

ホームページの相談フォームより問合せをしてみてください。

まとめ

まさに「早い、安い、うまい」とは玉子屋さんのことですよ。もちろんマナブさんの様な移住にも憧れますし、選択肢の多さを知っておくことは大切だと考えます。

私は、すぐ実践できそうな選択肢の一つとして「玉子屋さん」を活用したムダ時間の削減方法を紹介させていただきました。参考になりましたら幸いです。

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA